化学工学用語集

化学工学用語集:専門用語を詳しく解説

化学工学の専門用語をわかりやすく解説しています。あいうえお順、単位操作ごとに分けています。

続きを見る

技術記事

物性

【気液平衡】推算方法を解説:状態方程式モデル・活量係数モデルの使い分け

化学プラントにおいて気液平衡は多くの機器で取り扱いがあり、重要な物性となっています。その一方で、2成分間の相互作用を予測するのは非常に難しく、どんな系にも適用できるモデルは今のところ存在しません。したがって、取り扱う系に応じて気液平衡モデルを使い分ける必要があります。

続きを見る

【拡散係数】推算方法を解説:主要物質の実測値も記載

Fickの法則に使用されている係数を拡散係数Dといいます。この記事では主要な物質の拡散係数の実測値と、推算方法を紹介します。

続きを見る

【蒸発潜熱】推算方法を解説:主要物質の実測値も記載

活量係数モデルで気液平衡を計算する場合には、蒸発潜熱の推算が必要になります。活量係数モデルは気液平衡計算モデルの中でも使用頻度が高いので、蒸発潜熱の推算法も知っておいた方が良いでしょう。

続きを見る

参考書おすすめ

【物性推算の参考書5選】化学メーカーの設計担当者がおすすめ紹介

今回紹介する参考書は特に気液平衡に関して詳細な内容が書いてあるものを中心に選定しました。気液平衡は蒸留塔や熱交換器の設計をするうえで理解しておくべきです。

続きを見る

【伝熱の参考書5選】化学メーカーの設計担当者がおすすめ紹介

本記事は伝熱の参考書について、特に化学メーカーで伝熱計算することの多い熱交換器に特化した本をご紹介します。

続きを見る

【撹拌の参考書5選】化学メーカーの設計担当者がおすすめ紹介

本記事は撹拌の参考書についてご紹介します。化学工学の他の単位操作と比較して、撹拌は体系化が進んでいない分野だと言われており、わかりやすい参考書は貴重です。

続きを見る

数値計算

化学工学計算シミュレータの収束計算手法をわかりやすく解説

Aspen Plus等の化学工学計算シミュレータを使用するにあたって悩ましい問題の1つが収束計算です。この記事では化学工学計算シミュレータでよく使用される収束計算手法について解説しています。加えて、どのように設定すれば収束しやすいか、というコツも紹介しています。

続きを見る

【線形最小二乗法】をわかりやすく解説:表計算ソフトでのアレニウスプロット

最小二乗法はあるデータとモデルによる計算値との差の二乗和が最小になるようモデルのパラメータを決定する手法です。本記事では化学工学でよく線形プロットされることが多いアレニウスプロットを例に線形最小二乗法を解説しています。

続きを見る

化学工学で使用する数値計算ソフトの比較:メリット・デメリットを解説

この記事では私が実務で使ったことがある、あるいはこれから使おうと考えている計算ソフトのメリット・デメリットを比較して紹介します。計算ソフトは1つにこだわる必要はなく、様々なソフトを使用することで新しい発見が生まれます。

続きを見る

資格

【公害防止管理者】大気1種の受験体験記:2年かけて合格

公害防止管理者大気1種を2年かけて受験し合格しましたので、その体験を記事にしています。公害防止管理者とは何か?というお堅い内容は他の人の記事に任せるとして、この記事では主観100%の内容で書いています。

続きを見る

【高圧ガス製造保安責任者】甲種機械の受験体験記

この記事は高圧ガス製造保安責任者、甲種機械の受験体験記です。甲種機械は11月の国家試験で学識、保安管理技術、法令の3科目を受験し合格することで取得できます。ただし、毎年春(5月頃)に実施される検定試験で学識、保安管理技術の2科目を受験し合格すれば国家試験では免除されます。

続きを見る

【高圧ガス法令】高圧ガス製造保安責任者試験の概要・出題範囲を解説

この記事では高圧ガス製造保安責任者試験の法令分野の概要や傾向について解説します。検定試験とは毛色が異なり、"高圧ガス保安法"という高圧ガスの扱いに関する法律の内容となります。

続きを見る

仕事

【キャリアプラン】化学メーカー生産技術職を例に紹介

本記事では、生産技術職の実務担当者のキャリアプランについて紹介します。

続きを見る

【残業時間・繁忙期】化学メーカー生産技術職は忙しいのか?

本本記事では、生産技術職の残業時間や繁忙期について紹介します。

続きを見る

【実務担当者の仕事内容】化学メーカー生産技術職を例に紹介

本記事では、生産技術職の実務担当者の仕事内容について紹介します。

続きを見る

© 2022 化学工学レビュワー Powered by AFFINGER5