技術記事

技術記事 撹拌

撹拌反応槽の無次元数qについて:反応速度と混合速度の比

2022/5/2  

撹拌反応槽では撹拌によって2液が混合し反応が進行しますが、Pv一定でスケールアップしたとしてもラボで得られた反応率やスペックを得られないことがあります。これは混合速度に対する反応速度が相対的に大きい場合に生じやすいです。

技術記事 撹拌

撹拌槽の寸法比について解説

2022/4/25  

撹拌槽を設計するうえで重要なのが寸法比です。過去の知見から、混合させる液の物性や目的に応じてある程度常識的な寸法比が決まっています。本記事では撹拌槽の代表的な寸法比を紹介します。

技術記事 撹拌

撹拌槽のスケールアップ指標について解説

2022/4/18  

ラボスケールで開発してきた製品を量産化するために、反応器・反応槽を実機スケールへとスケールアップするのは化学工学エンジニアの代表的な仕事の1つと言えるでしょう。本記事では撹拌槽のスケールアップ指標についていくつかまとめました。

技術記事 数値計算

【Wegstein法】をわかりやすく解説:非線型方程式の解法

2021/12/20  

Wegstein法は非線形方程式を解く手法の1つです。Direct法(逐次代入法)をベースとして定数qで補正することで収束性を改善しています。

技術記事 数値計算

【Direct法(逐次代入法)】を解説:非線型方程式の解法

2021/12/20  

Direct法は非線形方程式を解く手法の1つです。逐次代入法とも呼ばれており、初期値xから得られたyの値をそのまま次のステップのxの値に代入して計算する手法です。

技術記事 数値計算

【Secant法(割線法)】を解説:非線型方程式の解法

2021/12/7  

Secant法(割線法)は非線形方程式を解く手法の1つです。Newton-Raphson法に近い計算手法であるため、準ニュートン法(quasi-Newton method)とも呼ばれています。

技術記事 数値計算

化学工学計算シミュレータの収束計算手法をわかりやすく解説

2021/12/20  

Aspen Plus等の化学工学計算シミュレータを使用するにあたって悩ましい問題の1つが収束計算です。この記事では化学工学計算シミュレータでよく使用される収束計算手法について解説しています。加えて、どのように設定すれば収束しやすいか、というコツも紹介しています。

技術記事 数値計算 Python

【Python】Gaussの消去法(掃き出し法)を解説:連立方程式の計算手法

2021/11/25  

Gaussの消去法は連立一次方程式の解法の1つです。連立方程式を行列式として解く手法の中でも最も基本的なものです。ここでは化学反応式の係数決定問題を例に、PythonでGaussの消去法を計算してみます。

技術記事 数値計算 Python

【Python】Levenberg-Marquardt法を解説:Antoine式の定数決定

2021/12/2  

Levenberg-Marquardt法は非線形最小二乗法の解法の1つです。最急降下法とGauss-Newton法の良いところを組み合わせることで収束性が向上しています。

技術記事 数値計算 Python

【Python】Gauss-Newton法の解説:Antoine式の定数決定

2021/11/18  

Gauss-Newton法は非線形最小二乗法の解法の1つです。Newton法で計算が重いとされるヘッセ行列をヤコビ行列で近似することで計算を軽くしていることが特徴です。

技術記事 数値計算 Python

【Python】黄金分割法の解説:最急降下法の学習率最適化

2021/11/18  

黄金分割法は最適化手法の1つであり、非線形最小二乗法や最適化問題に使用します。この手法は関数の微分値を必要としないため簡単に計算できる一方で、複数の極値を持つような複雑な関数の最適化には向いていません。

技術記事 数値計算 Python

【Python】最急降下法の解説:回分操作コストの最小化計算

2021/11/18  

本記事では非線形最小二乗法の計算手法の1つである最急降下法について解説します。他の手法と比較して簡単に計算できますが、繰り返し計算回数が多くなり収束しにくいのが欠点です。

技術記事 Python

【Python】線形最小二乗法の計算例:アレニウスプロット

2021/11/20  

本記事ではPythonの線形最小二乗法の計算例としてアレニウスプロットををやってみました。Pythonで最小二乗法をやる場合は計算手法まできちんと記述しないといけませんから、Excelよりも難易度が上がります。

技術記事 数値計算

【線形最小二乗法】をわかりやすく解説:表計算ソフトでのアレニウスプロット

2021/9/14  

最小二乗法はあるデータとモデルによる計算値との差の二乗和が最小になるようモデルのパラメータを決定する手法です。本記事では化学工学でよく線形プロットされることが多いアレニウスプロットを例に線形最小二乗法を解説しています。

技術記事 数値計算 Python

【Python】多変数Newton-Raphson法を解説:13変数の気液フラッシュ計算

2021/9/9  

本記事では気液フラッシュ計算を例としてPythonで多変数のNewton-Raphson法を解いてみました。

© 2022 化学工学レビュワー Powered by AFFINGER5