CFD

CFD 論文紹介 撹拌槽

【論文紹介】非ニュートン流体の撹拌時に生じるカバーンの調査

2021/6/7  

非ニュートン流体を小型翼で撹拌した場合、撹拌翼の周りだけ流動し、その外側は混合されず静止している状態になることがあります。このような状態になったときの翼の周りの流動領域をカバーン(cavern)と呼びます。この論文では撹拌条件を変えて実験と流動解析の両方を実施し、カバーンの特性を評価しています。

CFD 論文紹介 撹拌槽

【論文紹介】撹拌槽の流動解析における回転領域のサイズ影響調査

2021/6/7  

撹拌槽などの回転機械を流動解析する場合、モデルは回転領域と静止領域に分けて作成するのが一般的です。しかし回転領域をどの程度のサイズで作成すればよいかは、あまり調査されていません。この論文ではラシュトンタービン翼を使用した撹拌槽で、回転領域のサイズを変えて解析し結果を比較しています。

CFD 論文紹介 撹拌槽

【論文紹介】SiO2ナノ粒子流体による撹拌槽伝熱能力の向上

2021/6/8  

撹拌槽の冷却には水や不凍液がよく使われます。しかし反応系の要求水準が上がり、従来の冷媒では冷却能力が足りないことがあります。本論文ではSiO2を含むナノ粒子流体を冷媒として用いることで伝熱性能の向上を図っています。

CFD 論文紹介 撹拌槽

【論文紹介】ポピュレーションバランスモデル(PBM)で晶析撹拌槽の流動解析

2021/6/8  

晶析における結晶径は完全混合槽を始めとする理想的な仮定のもとで計算されるのが一般的で、複雑な3次元モデルで計算するのは容易ではありません。この論文ではPopulation Balance Model(以下PBM)を使用して結晶径分布を表現し、系内の過飽和度によって結晶径が成長する解析を実施しています。

CFD 論文紹介 撹拌槽

【論文紹介】バッフルの有無による動力の違いをSST k-ωモデルで検証

2021/6/8  

撹拌槽はバッフルの有無によって動力や混合性能が変化し、目的によって使い分けられます。この論文では撹拌レイノルズ数600~33,000の乱流域でSST k-ωモデルを使用して流動解析を実施し、バッフルの有無による結果の違いを比較しています。

© 2021 化学工学レビュワー Powered by AFFINGER5