プライベート

【新型コロナワクチン】職場で1回目の接種を受けた体験談:腕の痛みや発熱は?

概要

新型コロナ(COVID-19)のワクチンを職場で接種しましたので、その体験談についてまとめました。

ワクチン接種にあたっては、副反応などで不安に思う方がいらっしゃると思います。

この記事では自分や同じ職場で受けた方の接種後の症状をなるべくリアルに書きましたので、参考にしていただければ幸いです。

 

私が受けたワクチン接種の情報を以下に示します。

  • 接種時期:2021年6月下旬
  • 接種場所:職場(職域接種)
  • 接種回数:1回目
  • ワクチン種類:モデルナ筋注(モデルナ社製)

職域接種1回目の感想

 

接種前の準備

接種前に必要な準備は3つです。

  • 予診票を書いておく
  • 接種券を忘れずに会場に持参する
  • 体調を整える

新型コロナワクチン接種にあたって、関係の部署は急遽日程調整をして忙しい中で対応いただいています。

予診票を事前に書いておく、接種券を忘れない、といったことは接種者ができる最低限の心がけです。

お客様気分で接種を受けに行くのはやめて、少しでもスムーズに接種が終わるように協力しましょう。

 

あとは接種日に向けて体調を整えておくことが重要です。過度な運動やお酒は控えましょう。

後述しますが、接種後は体調を崩しやすいです。

最悪、接種日の次の日を休んでもいいように仕事のスケジュールを事前に調整しておくと、なおのこと良いです。

接種前後

接種会場は工場内の保健所でした。指定された時間に保健所に行き、入口で体温を測ります。

無事に平熱であることが確認できたら、予診票と接種券を受付に提出し、呼ばれるまで待ちます。

とは言ってもワクチンの本数の都合上、待合人数はきっちり管理されており1~2分くらいで呼ばれました。

 

なお、待っている間に上着を脱いで半袖のインナー1枚になっておくよう指示がありました。

半袖というのは、注射は肩に近いところに打つため長袖のインナーだと注射箇所まで捲れない恐れがあるためです。

夏場なので特にインナーの指示はなかったですが、冬場に打つ場合は注意した方がよいと思います。

 

接種自体はほとんど一瞬で終わりました。利き手ではない方の腕を出し、だらんとしている状態で注射してもらいました。

あまり痛くありません。インフルエンザワクチン接種の方が痛いくらいです。

接種後は簡単な注意事項を聞きました。

  1. 接種当日でも風呂は入ってよい
  2. ただし接種箇所はこすらない
  3. ショック、アナフィラキシーへの対応のため、保健所の待合室で15分待機する

1,2番目は他のワクチン接種でもよく言われると思いますが、3番目が新型コロナワクチン特有の注意事項でした。

待機中は1人1冊手渡されるワクチン接種に関する冊子を読みながら過ごします。

特に体調が悪くなることもなく15分が経過したので職場に戻りました。

接種後~就寝

接種後1~2時間くらいはなんともありませんでした。

接種後3時間で注射を打った方の腕や肩が重く感じました。接種するときに利き手を聞かれると思いますが、利き手ではない方の腕に打ってもらった方がよいです。

接種後5時間で腕や肩の痛みが強くなってきました。私はデスクワークなので問題ありませんでしたが、重い物を持つ、ハンドルを回すといった現場作業は無理でしょうね。

接種後6時間で熱っぽくなってきました。

接種後8時間経ち、帰宅して熱を測ると37.3℃でした。平熱が36℃前半の私にとってはかなり熱が出ているように感じます。接種した左腕は痛くて普通に動かすのもきつかったです。

接種日はとにかく早めに寝るのがよいです。

翌日~翌々日

翌日、朝起きて熱を測ると36.6℃で下がっていました。ただ、翌日も腕や肩の痛みはひどいため、肉体労働は避けた方がよいと思います。

翌々日は腕や肩の痛みも引き、ほぼ全回復しました。

 

同じ部署内の接種者の症状

私の部署は全員がワクチン接種を受けました。他の方の症状も参考までに書いておきます。

  • 合計30人くらいの部署です。
  • 20~40歳までが20人程度です。
  • 40~65歳までが10人程度です。

全体的な傾向として、20~40歳の若い世代の方が副反応による症状が重かったです。

話を聞いている感じでは、20~40歳の20人のうち、

  • 私のように接種日の夜に熱が出て、翌日には熱が下がった:8~9人
  • 翌日まで熱が出て会社を休んだ:5~6人
  • 特に熱も出ず、なんともなかった:5~6人

というような内訳でした。若者は発熱する確率が高い印象でした。

 

一方で、40~65歳の10人は接種日の翌日に熱が出て休む人は1人もいなかったと思います。

腕が痛くて寝がえりが打てなかったという話はありましたが、若者と比較してそこまで症状はひどくなかった印象です。

 

まとめ

職場で新型コロナワクチンの1回目を接種してきました。

若者は発熱する人が多く、できれば翌日は休めるようにスケジュール調整しておくのが望ましいです。

 

また、配布された冊子によると2回目の接種では症状が重くなる傾向にあるそうなので、気をつけたいと思います。

© 2021 化学工学レビュワー Powered by AFFINGER5